• BLOG
  • marketingblog

MA運用ならALIVEへ

マーケティング自動化戦略を構築します。

MAツールの役割りは反復的に手動で行われれているマーケティング活動における業務の自動化です。

ツール導入が目的ではない

目的はコンバージョン主導のMA運用です。

導入先行によるMA失敗例

・MAが活きるwebサイトでない
MAの機能にはwebトラッキングがあり顧客がwebサイトのどのコンテンツに興味を示したかそのデータをもとにリストを抽出し適切なアプローチをしますが、そもそも自社のwebサイトがコンテンツ分けされていない、サイトのまとまりがない、コンテンツの用意がない、アクセス数がすくないなどMAを活かせるwebサイトになっているか重要になります。

・顧客リスト、見込みリストが少ない
MAを起動させるには顧客のメールアドレスのあるリストが必要です。現在お持ちのリストが何件あるのか、または月に何件の新規リードを獲得しているのかをしっかり確認して下さい。

・社内リソースがない
運用する社内担当者がいるのか、またその担当者はマーケティング担当者であるか確認が必要です。

・ツールが使いづらい
様々なMAベンダーがありますが,MAの役割りとしての機能はどのベンダーも差はありません。初めてMAを操作するのにダッシュボードが分かりづらい、使いづらいというツールは覚えるのにかなりの時間を費やすことになります。


ALIVEのMAツールパッケージサービスはツール導入+運用代行をワンストップ提供サービスです。
MA導入したいが社内リソースがない事業者様は是非ご相談下さい。

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。