• BLOG
  • marketingblog

マーケティングオートメーションでできること

マーケティングオートメーションでできること

マーケティングオートメーションツールでできることは大きく分けて3つです。
①リードジェネレーション(見込み客の獲得)
②リードナーチャリング(見込み客の育成)
③リードクオリフィケーション(見込み客の選別)


リード(見込み客)の管理と行動トラッキング

リード(見込み客)の企業・団体および個人の情報の取得と登録を行い、メール、Webアクセス、エンゲージメントなどの行動をトラッキングすることが可能です。

メールマーケティング

単独メール、メルマガ(定期配信)、ステップメールの各メールマーケティング機能を搭載しています。メールの開封率やメール内リンクのクリック率などを計測して、キャンペーンを自動的に実施します。また、メールテンプレートなどのコンテンツ管理も行えます。

フォームの設置とランディングページ

コンテンツ作成機能を利用して、資料請求や問い合わせなどを受け付けるためのランディングフォームやWebフォームを作成し、コンテンツマーケティングを行うこととができます。もちろん、コンテンツへのアクセスを計測して、自動的にキャンペーンを実施したり、A/Bテストを行うこともできます。


マーケティングオートメーションツールの主な機能

リード登録/管理
リードの登録管理ができます。リードの登録に必要な最低限必要な情報は顧客の名前とメールアドレスです。CSVで一括登録も可能です。リードリストを様々な属性で登録できます。営業担当別、業種別、登録日別など

コンテンツ制作
htmlメールの作成と顧客登録フォームの作成、LP(ランディングページの作成)が可能です。htmlメールの作成をノーコードで簡単に作成が可能でテンプレートを使えば時間の短縮にもなります。
顧客登録フォームの作成は自由に作成でき簡単なお問い合わせフォームからアンケートフォームまたはヒヤリングシートのように細かく入力項目を設置し顧客のニーズを引き出すことも可能です。
LP(ランディングページ)の作成がノーコードで簡単に行えます。作成した顧客登録フォームを埋め込み目的にあったLPを作成します。こちらもテンプレートを使って作業の手間を軽減できます。

キャンペーン
メールの配信ができます。即時配信またはスケジュールを設定して予約配信が可能です。

セグメント設定
リードを属性ごとに分けることができます。例えばAアイテムを購入したリード、今月の展示会で名刺交換したリード、Aのランディングページから問い合わせしたリード、資料請求したリード、動画視聴したリード、料金ページを閲覧したリード、アンケートに「はい」と回答したリードなど様々な属性で分けることができセグメント分けしたリードをターゲティングしメール配信します。

コンバージョン設定
コンバージョン設定では顧客が行動するゴールを決めます。例えばメールを開封。メール内をクリック、メール未開封、メール内未クリック、webサイトの訪問、webサイトの内の動画視聴、webサイト内の指定ページの訪問、ランディングページの問い合わせなど、顧客が行動したゴールを抽出します。

webトラッキング
専用のタグを自社のwebサイトに埋め込むと分析が行えます。登録リードを特定した形でwebサイトの訪問履歴が確認でき、どのページをどのくらいの時間閲覧したかや訪問の頻度など顧客を理解することができます。また設定のない企業のIPアドレスから企業の閲覧履歴を確認できます。

スコアリング機能
リードの行動によって自動的に数字で評価する機能です。例えばメールを開封したら3点、webサイトを訪問したら5点で合計8点でhotリードとして担当営業にアラートで知らせてくれます。更に細かくコンテンツのダウンロードや、週に3回以上webサイトを閲覧したリードなどスコアを付けてリード一覧でリードの動きを管理できます。


マーケティングオートメーションツールの導入運用サポートに関するお問い合わせは下記までお願いします。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。