デジタルマーケティング「LINE広告概要」

【LINE広告概要】

▶LINEのユーザー数
国内月間利用者数:8,800万人
日本総人口の約7割以上が利用

▶SNSの利用状況
LINEの利用率は全世代トップ
LINEのみ利用者も非常に多い
LINEでのみリーチ可能なユーザーもいる

▶LINE広告アカウント数
28,000件

▶広告形式
運用型広告

▶LINE広告の特徴3つ
①国内最大級のプラットフォーム
②精度の高いターゲティング
③オンライン完結

▶配信面
トークリスト
LINENEWS
タイムライン
ウォレット
LINEマンガ
LINEBLOG
LINEポイントクラブ
LINEショッピング
LINEクーポン
LINEチラシ
LINEマイカード
※配信面の設定はできない、ターゲットやクリエイティブによってランダム表示
管理画面から設定で外部メディアのLINE広告ネットワーク配信も可能

▶費用
最低金額なし
予算や入札額を自分で設定する運用型広告

▶目的
webサイトへのクリック
コンバージョン
アプリインストール
アプリのエンゲージメント
友だち追加
動画再生

▶広告効果を決定づける要素
クリエイティブ:何を配信するか
ターゲティング:誰にどのように
入札:いくらで

▶運用ポイント
1クリエイティブ 2タイトル 3ディスクリプション
静止画や動画
重要な要素はタイトルに

▶静止画サイズ
カード:1200×620
スクエア:1080×1080
カルーセル:1080×1080
スモールイメージ:600×400

▶動画
カード:16:9
スクエア:1:1
バーティカル:9:16

▶タイトルの検証が重要
1つの広告だけなく複数のタイトルを用意して配信
タイトル検証事例
問いかけのタイトルで改善
ユーザー目線
【】付ける

▶静止画・動画ポイント
静止画:多くの要素を入れずクリエイティブ毎の要素に、1画像1メッセージを
動画:つかみとなる冒頭のシーンが重要

▶LP
クリエイティブと遷移先の関連性を意識する

▶ターゲティング種類
①LINEデモグラフィックデータ配信
地域:47都道府県、市町村、半径何キロ範囲
性別:年齢別
OS
興味関心
行動
属性

②類似配信
元となるオーディエンスの属性に類似した新規のユーザーに配信
例)商品購入ユーザーデータを元にAIが類似したユーザーを探し配信する
1~15%の類似設定で配信
元データは電話番号またはメールアドレスをアップロードする

③オーディエンス配信
ユーザーのデータを活用した対応となる配信
例)初回購入したユーザーリストをもとにリターゲティングして配信
ユーザーリストを除外した配信も可能

▶LINETag
ベース、コンバージョン、カスタム
①ベースコード:ユーザーの行動を計測する全てのページに設置が必要なコード
②コンバージョンコード:コンバージョンを計測したいページに設置するコード
③カスタムイベントコード:広告主が自由にユーザーをラベリングするコード

▶入札
自動入札
手動入札

▶おすすめ設定
①クリエイティブの制作と検証
②リターゲティング活用
③類似配信活用

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。