デジタルマーケティング「マーケティングオートメーションのCRM概要」

マーケテインングオートメーションを最大限活用するには、顧客情報を1ヵ所にまとめることが重要です。
別のツールでデータ管理された場合、パーソナライズされたコミュニケーションが困難になり、データが分散し失われるリスクが高まります。

CRMは(Customer Relationship Management)の略で顧客管理のことを言います。
既存または新規の顧客管理とマネージメントを管理するものとなります。

CRMは顧客情報を整理し理解するためのマーケティング活動にとても重要な機能です。蓄積された顧客データを整理し理解することは、顧客対応にとても重要な役割りとなります。
CRMの顧客データによりパーソナライズされたマーケティング活動はROIを最適化できます。

CRMのデータ収集には終わりはありません。常に顧客情報は育成とともに更新されます。
データを収集 > 整理 > 理解しマーケティングへ実行

■顧客データを収集し整理し、そしてパーソナライズ化することがマーケティングになぜ重要なのか
・パーソナライズされたメッセージを送信することでROIを最適化できます。
・顧客のニーズを理解することで関係性を強化できます。
・適切な人に適切なメッセージを適切なタイミングで届けることができます。

■顧客情報のアップロード方法
マーケティングオートメーションではCSV一括登録が一般的です。既に登録済みの顧客情報は再インポートすることで情報を最新に更新することができます。

■ランディングページを活用したデータ収集
マーケティングオートメーションの機能にランディングページ作成機能があり、ドラッグアンドドロップで簡単に作成が可能です。
多くのマーケターはランディングページを使ってキャンペーンメール、広告、SNSをなどのチャンネルを活用し、期間限定のオファーを宣伝したり、特定の商品を販売したり、イベントの参加申し込みを獲得し、新規のリストを増やします。

顧客を理解しパーソナライズされたマーケティングを行ううえでCRMにデータを収集し、整理することがとても重要となります。

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。