Mailchimp(メールチンプ)のタグ、グループ、セグメントの違い

Mailchimp(メールチンプ)のタグ、グループ、セグメントはオーディエンスのコンタクトを分類する方法です。
オーディエンスはリストのことです。
コンタクトはリードのことです。

オーディエンスを分類することでターゲティングすることができます。


▶Mailchimpのグループとは

サインアップフォームにグループ分けするための選択項目を追加し、コンタクトが記入する時に項目を選択してグループ分けをします。または内部使用も可能です。
例えば、コンタクトが受信したい興味のある情報を選択するとします。興味のあるスポーツは何ですか?といグループカテゴリに ☑サッカー ☑野球 ☑バスケットボール というようなグループ名で分類することができます。

グループ作成はオーディエンス>マネージコンタクト>グループ


グループ作成①チェックボックスで複数選択可能に ②ラジオボックスで1つだけ選択 ③ドロップダウンで選択 ④サインアップフォームに表示しない
1アカウント60のグループ名の制限があります。無料プランは20
特定のグループ名内の連絡先にキャンペーンを送信できます。


▶Mailchimpのタグとは

タグはコンタクトを細かく整理するためのラベルです。
タグに基づいてターゲットを絞ったキャンペーンを送信できます。
タグは内部のみ管理するものです。
コンタクトに複数のタグを付けることができます。

■タグの追加方法
①手動でタグを作成してコンタクトに追加

タグ作成はオーディエンス>タグ>作成


作成したタグをコンタクトテーブルで追加

②ランディングページのサインアップにタグ付けする

ランディングページの設定画面でタグの追加をします。


このランディングページでサインアップしたコンタクトに自動でタグが付きます。

③コンタクトをインポートする時にインポートリスト全体にタグ付けします。

④タグに基づいた自動化

タグ付けをトリガーとした自動化を設計


▶Mailchimpのセグメントとは

セグメントはタグやグループのように情報を追加するのではなく既にあるコンタクトのデータを基にフィルタリングしてターゲティングするためのものです。
行動に基づいてパーソナライズするメッセージを生成します。
セグメントには、最大5つの条件を含めることができます。

例、去30日間にサインアップしたが、まだ購入していない連絡先の2つの条件のセグメントを作成します。(公式サイトより

30日の間にサインアップしたがまだ購入していないコンタクトをターゲットにするセグメントの設定

■セグメント例
・キャンペーンを5回以上開封したコンタクト
・特定のキャンペーンでクリックしなかったコンタクト
・接続済みストアで指定期間内に購入したコンタクト
・特定の場所に住んでいるコンタクト
・接続済みストアで特定の金額以上の買い物をしたコンタクト
・評価★4以上のコンタクト

セグメントの作成

オーディエンス>コンタクト>セグメント作成

 

関連記事一覧