メールチンプのマージタグを使ったパーソナライズコンテンツを作成する方法

Mailchimpメールチンプに登録済みのコンタクト情報をマージタグで表示させることができます。
例えば山田様と名前(姓)を入力させたい場合は*|LNAME|*のマージタグを使用します。
一斉送信であってもマージタグによって登録されているそれぞれ名前(姓)を入力させて案内ができます。

他にも*|COMPANY|* 会社名を表示します。
*|COMPANY|*
*|LNAME|*様
いつもお世話になっております。
株式会社〇〇の〇〇です。
↑というような内容でコンタクトの会社名と担当者名を表示させることができます。

またマージタグは新規作成で追加することが可能です。
業種、都道府県、商品名、サービス名などさまざまな内容でマージタグを作成して細かくセグメントを分けてパーソナライズコンテンツを作成します。

例えば追加作成した業種別のマージタグ*|MMERGE16|*を件名に入れ【*|MMERGE16|*様おすすめのウェビナー】とすることで業種別の案内ができます。
または都道府県別のマージタグを作成して地域別の案内でパーソナライズ化します。

メールマーケティングでは同じコンテンツを一斉送信することをおすすめしません。
パーソナライズされたコンテンツを作成してコンバージョン率を向上させましょう。

メールチンプを活用したメールマーケティングのご相談は私たちまでお問い合わせ下さい。

関連記事一覧